yuta_eng_prg’s diary

筆者がプログラミング学習の内容を綴るだけのブログです。

テストコード(Fakerの導入)

テストコードに、ランダムな値を生成するGem、Fakerの導入方法について確認します。

まず、Gemfileの group :development, :test do の中に、

group :development, :test do
  中略
 下記のコード1行を追加します
  gem 'faker'
end

上記のように記述します。

ターミナルで

% bundle install

上記のコマンドを実行します。

あとは、FactroyBoyの記述のあるファイルに記述します。

一例として、

FactoryBot.define do
  factory :user do
    nickname              { Faker::Name.name }
    email                 { Faker::Internet.free_email }
    password              { 'aaa1234' }
    password_confirmation { password }
    last_name             { Gimei.last.kanji }
    first_name            { Gimei.first.kanji }
    last_name_kana        { Gimei.last.katakana }
    first_name_kana       { Gimei.first.katakana }
    birthday              { Faker::Date.birthday }
  end
end

上記のように記述します。

最後に

% bundle exec rspec spec/models/user_spec.rb 

コマンドを実行してテストコードに反映されたかどうか確認します。

以上が、Fakerの導入方法です。