yuta_eng_prg’s diary

筆者がプログラミング学習の内容を綴るだけのブログです。

TCPとUDP

インターネットで使われているTCP/IPトランスミッション コントロール プロトコル / インターネット プロトコル)というプロトコル(通信手段)には、通信相手に届くことを「保証する通信」と「保証しない通信」の2通りがあります。

「保証する通信」をTCPトランスミッション コントロール プロトコル)、「保証しない通信」をUDP(ユーザー データグラム プロトコル)と呼びます。

TCPは、保証する通信で、相手にデータが届いたか確認しながら送信し、エラーが発生した時には、再送します。

Web、メール、FTP(ファイル トランスファー プロトコル)など、ほとんどの通信でTCPが使われています。

UDPは、保証されない通信で、相手にデータが届いたか確認せずに送信し、エラーが発生しても再送しません。

エラーのチェックがない分高速に通信できるのが特徴です。

またUDPはネットワークに接続されている全ホストに対してデータを送信する「1対多」の通信もでき、これを「ブロードキャスト通信」と呼びます。