yuta_eng_prg’s diary

筆者がプログラミング学習の内容を綴るだけのブログです。

SSH(セキュア シェル)

リモートでサーバを操作する場合、専用のソフトを使って、コマンド操作します。

この時サーバとの接続に、「SSH(セキュア シェル)」というプロトコルを使います。

SSHは暗号化された通信で、安全にサーバを操作できます。

WindowsSSH接続するソフトの代表として、「Tera Term」、「PuTTY」があります。

サーバ側にはSSH接続を受け入れるためのソフト「sshd」を設定して起動しておく必要があります。

Webサーバにファイルをアップロードする時には、SSHに内蔵されている「SCP(セキュア コピー)」というプロトコルを使うか、「FTP(ファイル トランスファー プロトコル)」を使います。

SCPを使ってファイルを転送するソフトとして、「WinSCP」、

FTPを使ってファイルを転送するソフトとして、「ProFTPD」などのソフトがあります。